オーリスタットで今度こそ!

ゼニカルと女

オーリスタットは肥満治療に効果的なお薬の成分です。お薬自体は気軽に通販で購入が可能なのですが、使用する上で気を付けなければならないことがあります。正しい使用法を知ってしまえば、あとはこっちのものです。今度こそ痩せてやる!

オーリスタットの効果が絶大

オーリスタットは、肥満治療薬の一つで、アメリカやヨーロッパではダイエット薬として許可されています。日本ではまだ未許可の薬ですが、ネットでの通販や美容クリニックで購入することができます。ダイエット用の医薬品やサプリは効果がなかったり、副作用が多かったりと飲んでもやせられないイメージが強いかもしれません。しかし、オーリスタットは今までの薬と少し違います。では、具体的にどのように違うのでしょうか。食べ物に含まれる脂肪は、体内の腸内で吸収します。しかし、脂肪は私たちの体で吸収するには大きすぎるため、リパーゼという脂肪分解酵素によって分解されてから吸収されます。これらの脂肪はエネルギーとして使われますが、過剰に摂取すると余ってしまい、お腹や下半身など体の至る所に分散され、体重が増える原因になります。オーリスタットは脂肪分解酵素であるリパーゼの活動を阻害するため、脂肪は分解されることなく、体内に脂肪を蓄積させない効果があります。そのため、焼き肉、唐揚げ、チョコレートなどの脂肪分がたくさん含まれている食品を食べても、脂肪分を30%ほどカットすることができます。服用してから2~3週間で徐々に体重減少し、この効果は1~2年ほど続きます。また、オーリスタットがダイエット薬として優れている点に、副作用が少ないこともあげられます。オーリスタットを服用すると、下痢がおこります。しかしこれは副作用ではなく、脂肪分をカットしている証拠です。腸内で消化吸収されなかった脂肪が油性の下痢として体外に排泄されるために起こるからです。脂肪分をたくさん摂取しても吸収されない魔法のような薬。なかなかダイエットがうまくいかないという方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

オーリスタットとビタミンの関係

ダイエットに挑戦するけれど、どうしても途中で挫折してしまうというケースは、少なくありません。挫折してしまう原因の1つに、無理な食事制限が挙げられます。ダイエットの基本は食事制限です。摂取カロリーを減らす事によって、体重を落とせます。しかし、無理に食事を制限してしまうと、かなり大きなストレスとなってしまいます。
最終的にストレスが爆発して、暴飲暴食に走りリバウンドしてしまいがちです。食べなければ痩せると考える方も多いですが、食べないダイエット法は肌トラブルや、生理が止まるなどの健康被害をもたらしてしまうので注意しましょう。食べつつ痩せられる、そんな夢のようなダイエット法があります。そのダイエット法とは「オーリスタット配合薬」を活用した方法です。オーリスタット配合薬は、リパーゼという酵素の働きを抑制する働きがあります。リパーゼの働きが弱まると食事で摂った脂肪分が、細かく分解されない為、脂肪の吸収自体が抑えられます。約30%分の脂肪吸収をカットできるので、オーリスタット配合薬を服用すれば、太り難くなるのです。脂肪はカロリーも高く体脂肪が増える原因にもなります。ダイエット中でも脂っこい食事が止められないという方に、オーリスタット配合薬はピッタリです。ただ、服用中に注意したい点もあります。それはビタミンの吸収が阻害されてしまうという事です。ビタミンの中には脂溶性ビタミンといって、油と一緒に摂る事で吸収が高まるものがあります。βカロテンやビタミンEは、脂溶性ビタミンの代表格です。オーリスタット配合薬を服用していると、脂肪の吸収が抑えられるのと同時に、脂溶性ビタミンの吸収も抑制されます。ですので、脂溶性ビタミンをサプリメントで補うなど、対策を行う必要があります。

オーリスタット配合薬のジェネリック

消化酵素リパーゼの働きを阻害してくれるのがオーリスタットです。リパーゼは脂肪を小さくして吸収し易くさせる働きがありますが、その作用を阻害することで脂肪が吸収され難くなります。約30%の脂肪を排除することができますので、徐々に自然にダイエットをしていくことが可能です。しかし効果は緩やかであり、継続して利用していく必要があります。その為、オーリスタットを利用する際にはコストが安価であるということがひとつのポイントになってくると言えるでしょう。安価に購入する為にも注目したいのがジェネリック医薬品です。これは後発の医薬品のことであり、先発の医薬品の模倣品です。有効成分は同じなものの模倣品な為に研究開発費が掛かっておらず、その分、安価に購入できるのが特徴です。先発医薬品ですと1カプセルが150円前後で売られているところ、ジェネリック医薬品ですと100円前後程度で購入することができますので負担を減らすことができます。ですからコスト的にも継続し易くなり、ダイエットにも取り入れ易くなるはずです。ただ価格だけに着目して購入するのは注意が必要です。こうした薬にはニセモノが存在しており、その事実を無視することはできません。全くのニセモノを使ってしまうと健康被害に見舞われるリスクがありますし、安全に使えてこその薬でもありますので信頼性についてよく吟味してから購入した方が良いでしょう。なお個人輸入で買う場合は特にリスクが高いとされていますので要注意です。安全に購入する為にもきちんと成分鑑定をしているところで購入することが大切です。第三者機関による鑑定を受けているところなら信頼性も高く、失敗するリスクも減らすことができます。